たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
木葉ママの仔犬たち
前回、ざる豆腐(?)として登場した
ポメラニアンの木葉ママの仔犬ちゃん。

今回は兄弟揃ってご紹介します。


20160427 1


ボーッとしたお顔のとうふ君は、クリームの男の子。
キリッとしたお顔の茶ちゃんは、オレンジの女の子です。

茶ちゃんのマズル、今は黒いけれど、
これは成犬になったら抜ける黒毛です!



今回も、ざる豆腐になってもらおうとしたら・・・


20160427 2


前のお手手が入りきらない・・・。
前回の撮影から、まだ数日しか経ってないのに。
仔犬の成長って早いなぁ~。


では、気を取り直して・・・。
豆腐兄ちゃんと、妹の茶ちゃんの仲良しな姿をご紹介!


20160427 3


20160427 4


20160427 5


今はこんなに仲良しな2匹も、
あと1週間もすれば、兄弟ケンカをするように
なっちゃうんだろうな~。

兄弟ケンカも成長過程の1つ!
とは、分かっているんだけど・・・。
やっぱりいつも仲良くしててほしいな~。


◆ おまけ

ポメの成長過程の1つといえば、猿期!
超みすぼらしくなる、残念な期間。

その猿期に、乙ちゃん(乙姫)が…
突入してしまいました~ ( ノД`)シクシク…

生後2カ月の頃の乙ちゃん。


20160427 6


真っ白でモコモコで・・・。
ギガちゃんより可愛い!(←親バカです)
と、溺愛していたのに~。


20160427 7


なんて貧相なの… (´;ω;`)ウゥゥ

しかも、涙やけまで…。

えっ!? 涙やけはママの責任?
ですよね~。
今後はこまめにお手入れしま~す!(`・ω・´)ゞ


スポンサーサイト
トロちゃんの仔犬たち Part2
ポメラニアンのトロちゃんママの仔犬達、
たくさんお乳を飲んで、すくすく成長しています!

前回、ご紹介した時はハイハイしかできなかったのに。
お座りができるようになりました!
(まだちょっと、ぎこちないけどね…)


20160422 1


巣立ちまでの間の、呼び名も決定!


20160422 2


前回から黒くんに決まってた、この男の子。
毛が伸びて、おでこの辺りはやや茶色っぽくなってきました。
(写真じゃ分かりづらいかな・・・)

女の子の呼び名は、トロの子だからトロロ。
単純でゴメンね~。

20160422 3


今日も仲良くしている2匹の姿をご紹介。


20160422 4


20160422 5


20160422 6


20160422 7


20160422 8


20160422 9


まだ赤ちゃんなので、寝姿しか紹介する事がな~い!

可愛いイタズラする姿を紹介したいから、
早く大きくなって~。



◆ おまけ


これ、な~んだ?


20160422 10


正解は?


20160422 11


ポメラニアンの木葉ママの仔犬
クリームの男の子です。

次回は、木葉ママの仔犬たちをご紹介しますね。


そうそう、木葉ママの子と言えば、金時ちゃん!


20160422 12
金時 『なかなか私のトリミングの順番が回って来ないの~。ボサボサで失礼…』

あぁ~、耳が痛い・・・。
来週中にはシャンプーしてあげるからさっ。
この子たちが大きくなったら、一緒に遊んであげてね。



ポメラニアンの乾かし方
・・・はじめに・・・

熊本地震で被災され、今もなお余震の恐怖と戦っておられる方、
愛犬が居るから避難所にも行けず、配給が来ない車や
倒壊寸前の自宅で避難生活を送られている方、
愛犬と離れ離れになってしまった被災者の方、
病弱な愛犬の薬さえ手に入らなくなり、不安な日々を送っておられる方々の
気持ちを考えると、心が張り裂けそうな気持ちになります。

どうか、被災されている方々が求めている支援が、
滞りなく1日も早く行きわたりますように…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前、「飛行犬ぴいこ&ふうこ」さんからのコメに対し、
返信コメで、ポメラニアンの乾かし方のコツをお教えしました。

ぴいこ&ふうこさんのブログでも紹介されたので、
訪問し、読んで下さった方もいらっしゃると思います。

そのドライング方法を実践されたところ、
「時間が短縮された」と、お喜びのコメントを頂きました。

私でもお役に立てる事があるんだ~って嬉しくなり・・・。


今日は写真付きで、ドライング方法をご紹介します。

※ モデル犬は雫ちゃんが担当致します。
(清潔な管理が1番!という我が家のルールで、
ほとんどの成犬たちは短くカットしちゃってるので…)←丸刈りとも言う


シャンプー後、まずは「これでもか~!」ってくらい、
タオルドライをして下さい。

次に、手でサラサラ~っと半渇きになるまで・・・
って方もいらっしゃると思いますが。
ちょっと待った!
最初にするのは、これっ!


20160418 1

お腹が冷えたら大変です。
まずは、お腹を乾かしてあげて下さいね。
内股~脇まで乾かしてあげるのがベストです。

それから、手でサラサラ~っと半乾きまでしてあげて下さい。

乾かし方のコツは、毛の流れの1番後ろから!が基本です。
なので、次に乾かすのは・・・。


20160418 2


ポメちゃんは綿毛が多いので、上から撫でるようにブラッシングをしては
なかなか根元が乾きません。
左手で毛をめくり上げ、根元に温風が当たるようにしながら、
スリッカーブラシ等で綿毛が1本ずつバラバラになるまで
乾かしてあげて下さい。

根元が乾く頃には、毛の先端は乾いていますから~。

手が3本あれば、ブラッシングしながらの写真が撮れたのですが、
残念ながら私の手は2本しかないので…。

皆さんは、この状態でブラッシングしながら乾かして下さいね。

お尻が乾いたら、徐々に上に移動。


20160418 3


20160418 4


20160418 5


モデル犬、雫ちゃんが切なそうな表情になっていますが・・・、
見ちゃダメ!
「さっさと乾かそうね~」って、ドライングに没頭しましょう!


20160418 6


モデル犬雫ちゃん、もう我慢の限界か!?
もう2/3は終わったから・・・。
もう少しだけ頑張って!

首まで乾いたら、その続きでお顔まで乾かしたくなるだろうけど、
まずは体を乾かしてあげる事が先決!


20160418 7


基本は毛の流れの後ろから!です。
前胸を乾かす時も、左手で毛をめくり上げ、下から徐々に乾かします。

ふわふわサラサラなエプロン(前胸)は、
ポメの魅力の1つですよね~。


この流れだと、またまたお顔を乾かしたくなりますが、
次に乾かすのは・・・。

20160418 8


お座りや伏せをしちゃうと、折角乾かした部分がまた湿ってしまいます。
なので、先に四肢を乾かして…。

やっと・・・。


20160418 9


んっ?
ここまで来ると、雫ちゃんもドライヤーの風に慣れたのか
余裕の表情だね~。

そして、最後の最後に…。
尻尾フェチの私が愛して止まない、しっぽ~!


20160418 10


愛犬家の皆さまの参考になれば…と思い、アップしてみました。

※ 因みに、プードルはこの順番で乾かすと
大変な事になっていしまいますので、ご注意を。
手でサラサラ~と半乾きなど、厳禁です!
お腹を乾かした後は、まずチリチリに乾いてしまっては困る、
お顔→足先の順に乾かしてくださいね。
(と言うか…。プードルはプロのトリマーさんに任せるのが賢明です)



◆ おまけ①


1人っ子で、甘噛みの力加減を知らずに育った雫ちゃん。
最近は、先輩犬の金時ちゃんに遊び相手になってもらっています。


20160418 11


なかなか、いい上下関係です。
金時ちゃん、犬社会のルールを教えてあげてね~。

その2匹が、台所に遊びに来た時のこと・・・。


20160418 12


床に置かれた竹の子に、2人とも興味深々!
っちゅうか、金時先輩の方がビビッてるんですけど~。
シッカリしてよ、金時姉ちゃん!


◆ おまけ②


雫ちゃんをシャンプーした際、またまたイタズラしちゃいました~( ´艸`)


20160418 13
雫 『ママ~。笑ってないで早く泡々を流して下ちゃい!』




トロちゃんの仔犬達
◆ はじめに…

数時間前、熊本県で大きな地震が起こりました。
今もなお余震が続いている中、寒空の下、屋外の避難所に
ワンコを抱っこして避難されている方の映像を拝見し、
心が締め付けられる思いです。
どうか余震が早く収まり、被害が最小限になる事を、
心からお祈り致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日紹介した仔犬たち、
徐々にお目目が開きはじめました。

今日、ご紹介するのは
ポメラニアンのトロちゃんママが出産した、
男の子と女の子です。


20160414 1


生まれたばかりの頃は、巨大なネズミの赤ちゃんみたいだったけど…。
お目目が開いて、やっと犬らしくなりました。


20160414 2


生まれた時は150gもあり、大きめだった女の子。
仔犬5匹を育ててくれている木葉ママに預けていたら、
現在の体重は330g。
2倍強。 まっ、そんなもんかな?


20160414 3


お顔、黒っ!
名前は黒くんに決定だな…。
もうちょっと毛が伸びて来たら、おでこの辺りは茶色くなってくるかな?

生まれた時は105gと、ちょうど良い大きさだった男の子。
トロちゃんママが現在育てているのは2匹だけなので、
お乳飲み放題らしく、現在440g!
4倍強って、ちょっと成長し過ぎ~!(焦)


20160414 4


比べると、やっぱり黒いけど…。
黒くんの方が、お顔は可愛くなりそう~。

初めての写真撮影に、キュンキュン言いながら
ハイハイで動き回ってた2匹。
じっとしてくれなくて、なかなか可愛い写真が撮れず
苦労したのにぃ~。

やっぱり赤ちゃん、寝つき早っ!

20160414 5
 ※ 某携帯会社のCM、ちょっと真似ちゃいました~(^^ゞ


◆ おまけ

写真撮影をしていると、隣の部屋で雫ちゃんが
「何してるの~?」って、ワンワン鳴くので…。

雫と赤ちゃん、初めてのご対面!


20160414 6

20160414 7

20160414 8

20160414 9


最近はやんちゃ度も増し、甘噛みも強くなった雫ちゃん。
一人っ子だったから、兄弟ケンカすることもなく、
噛まれる痛さを知らないんでしょうね~。
指や耳をかじられると、マジで痛い!

先日、グッと気温が冷え込んだ朝には、
「生きたカイロ~♪」とトレーナーの中に入れ抱っこしていたら、
私の立派なお腹の贅肉をガブッ!(痛)

お腹の皮膚って薄いのよ~!
犬歯の跡がついちゃったじゃないの~!

やんちゃ盛りの雫ちゃんだから心配だったけど、
赤ちゃんは弱い存在だと分かるのかしら?
いたずらする事もなく、優しく見守ってくれました。

あと1か月もしたら、この子たちもやんちゃになるからね。
その時は、雫ちゃん、一緒に遊んであげてね~。



協力的なママ犬たち
ゴメンなさい。
しばらく出荷はありません・・・。

だって、まだ生まれたばかりなんですもの~。


20160407


実は、この5匹の仔犬たち、
ポメラニアンの木葉ママが育ててくれています。

黒い子は、黒ポメちゃんではなく、
ヨークシャーテリアの赤ちゃんです。

左上のウルフセーブルのポメは
トロちゃんの子なんだけど・・・。

では、トロちゃんママは何をしているのかというと。


20160407 2


ヨークシャーテリア仔犬たちも抱え、
3匹の赤ちゃんを育ててくれています。


なぜ、そんな事になったのか・・・。

そもそも、ヨークシャーテリアの春ちゃんは
いつも上手に出産し、愛情たっぷりに授乳してくれるママでした。
でも、なぜか数日経つと仔犬が弱り亡くなってしまいました。

その原因がお乳にあると分かったのは、
1ヵ月ほど前の事でした。
お乳が酸性になっている母犬は、お乳を飲ませば飲ませるほど
仔犬は弱るのだと・・・。

春ちゃんには出産させないでおこう!
って思った時には、もう妊娠した後でした。

今回は、人工哺乳で育てなきゃ・・・。
と覚悟していたんですけど、人工哺乳って大変なんですよね~。
2~4時間おきに哺乳だし、
ちょっとでも気を許すと器官に入っちゃって命を落とすし。

で、出産予定日が近かったトロちゃんに
「同じ日に出産してくれないかな~。春の子も一緒に育ててよ~」
って、ずっとお話ししていたら…。

なんと、春ちゃんが出産を始めた途端、トロにも陣痛が!!
なんて親孝行なワンコなんでしょう。
気持ちが通じてたんですね~。

でも、生まれて来た仔犬たちは大きさにバラつきがあり、
5匹すべてをトロママに育ててもらっても、
お乳にありつけない仔犬が出て来てしまう。

はぁ~、やっぱり2匹は人工哺乳しなきゃな・・・
って、諦めそうになった時、
今度はポメラニアンの木葉ちゃんに陣痛が!

その数時間後には、
ヨークシャーテリアのココアちゃんまで陣痛が!
日をまたぎ2日掛かりで、4匹のママが次々と出産。

ココアちゃんは身体が小さいのに、多産なので、
いつも人工哺乳が必要で。。。
でも、半数は命を落としていました。

今、一緒に出産すれば、他のママ犬が助けてくれるかも!
って分かって出産したのかしら?

大規模ブリーダーさんなら、出産が重なるなんて事は
よくあるのかもしれませんが…。
小規模ブリーダーの我が家では、4匹ものママの出産が重なるなんて
初めての事です。

「協力して育ててくれるのね。ありがとう」
って母犬たちに感謝しました。

小さい身体のココアは、今回もまた5匹も産んでくれましたが、
いつも育つのは2匹だけ。
でも、今回はせめて3匹は育てて~って頼み・・・。
この3匹を育ててもらっています。

20160407 3


ポメもヨーキーも全てシャッフルして・・・。
大きめの子5匹は木葉ちゃんに、小さめの子4匹はトロちゃんにお願いしました。

とは言え、匂いで自分の子かどうか分かるらしく、
木葉もトロも、最初は怪訝そうに他人の子を拒否していたのですが。
母性本能が勝ったのかな?
しばらくすれば、任された全ての子にお乳を与えてくれました。
(残念ながら、トロちゃんにお願いしたチビ1匹は未熟児だった為、
命を落としてしまいました。)

という訳で、毛色も犬種もバラバラな仔犬たちの
子育てをしてくれている、協力的な母犬たちです。


愛犬家の方々に、こんなブリーダーの一面も紹介したくて
アップしてみました。


◆ 最後に・・・


モコモコな仔犬のご紹介。
本当は、明日巣立ちを迎えるハズだった
ポメの女の子です。


20160407 4


耳付きが若干低いし、毛色もイマイチだったので、
我が家残留なんて気はサラサラなかったのですが…。

シルエットも性格も、20年前に居たプードルのキックさんにそっくり!
プードルとポメって、犬種も違うのに・・・
見れば見るほど、お顔の表情までそっくりで。

「やっと、生まれ変わって会いに来てくれたんだね」
って、ビビッと来ちゃって、手放せなくなりました。

母に頼みこんだら
「アラレママも高齢だしね、これが最後の子だろうし。
 毛量も豊富な子だから残してもいいよ」
ってOKが出ました!(^^v


20160407 5


キックさん、20年前の事、覚えてる?
大学の受験勉強をしていたあの時の事だよ。
私が地球滅亡の最後の日に食べたいくらい大好きな食べ物は、
桃の缶詰だって話してたよね?
残り僅かになったので、モモを小さくカットし、5問連続正解したら
1つ食べるってルールを課して、受験勉強をしていたのに…。

私が英和辞典を取りに2Fに上った僅かな瞬間に、
キックさんは桃缶の汁まで一滴残らず食べちゃったよね。

あの時、部屋に居た4匹のワンコ。
犯人誰だよ~!って怒っても、みんな知らんぷりしていたよね。

1匹ずつ抱っこして匂いを嗅いだら、キックさんだけ口元から
甘~い桃缶の匂いがしてたよね~。
「犯人はお前か~!」ってメチャメチャ怒っちゃったよね。
ゴメンね。

キックさんとの楽しい思い出はたくさんあるハズなのに、
虹の橋を渡ってしまって以降
ずっと、あの日の出来事だけが鮮明に残っています。

あの日、メチャメチャ怒っちゃったから、怖くて生まれ変わるまで
20年もの時間が掛かっちゃったのかな?
ゴメンね。

キックさん…、やっと生まれ変わり会いに来てくれてありがとう。


20160407 6


もう2度と怒らないよ。
たくさん遊んで、いっぱい抱っこしてあげるね。

雫(キックさん)、私の元に戻って来てくれてありがとう。



4月1日出荷予定のワンコ
明日、巣立って行くのは
ヨークシャーテリアのあまちゃんママが育ててくれた
4匹兄弟の仔犬たち。
2月14日、バレンタインデー生まれの
男の子1匹、女の子3匹です。

さすがヨークシャテリア!
ちょこまかとすばしっこく動き回るので、
4匹一緒に撮れたのは、この1枚だけ。
1匹しかこっちを見ていないけれど…、許して~。


20160331 1


真ん中の2匹の子たち、
生後40日を過ぎるまで、そっくりすぎて
どっちがどっちか見分けがつかず、
どちらもヨーちゃんと呼んでいました。


◆ 女の子 ヨーちゃん①


20160331 2


20160331 3


◆ 女の子 ヨーちゃん②


20160331 6


20160331 7


◆ 女の子 ヨー子ちゃん


20160331 4


20160331 5


◆ 男の子 ヨーキくん


20160331 8


20160331 9


この子たちの食欲は凄い! 超凄い!
離乳食のトレーニングなんて必要なかったんですもの~。

生後25日目には、あまちゃんママの餌入れに頭を突っ込み、
ドライフードをハムハム。
十分にお乳は出ているハズなのに・・・。
ふやかした離乳食を与えたら初日から完食!

もっと驚いたのは、犬歯すら生えてない生後30日目で
ドライフードの方を好み、ガツガツ食べちゃうし~。

消化できず便が緩むんじゃないか?って心配したけど、
ビックリするほどの健康ウンチ!
内臓は超が付くほどの健康優良児たちです!


20160331 10


しかも、好奇心旺盛でアクティブな性格な女の子たち。
男の子は一回り身体が大きめなのですが、
レディース達にはタジタジです。


20160331 11


20160331 12


そんなやんちゃなレディースも、
シャンプーの時だけは大人しくしています。


20160331 13


今回も、ちょっとイタズラ・・・(^m^)


20160331 14


ガッツリご飯も食べてくれるし、
やんちゃに育ったお前たちだから、
ママは安心して巣立たせる事ができるよ。

優しいパパ&ママと巡り合って、幸せになってね。

というか・・・。
やんちゃしすぎて、優しいパパ&ママを困らせないようにね。
(今回ばかりは、ママちょっと心配です…)



我が家から巣立つ天使たちが、皆様に幸せを届けますように…

PRECIOUS BLESS JP





プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
三重県伊賀市の緑あふれる里山で
ブリーダーをしています。

家族経営の小規模ブリーダーだし、
JKCチャンピオン犬等、高血統の
ワンコなんていませんが…。

大空の下、広場でノビノビと駆け回り、ストレスのない環境でブリーディングしているのが、我が家の自慢です。

アットホームな環境で育児する仔犬達の成長記録をご紹介しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR