FC2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
仔犬 誕生の瞬間!
先ほど、重~い記事を書きましたので、
今度は明るい記事を…。

ヨークシャーテリアのココアちゃんが、
無事に出産してくれました。
僅か2キロほどの小さな体なのに、5匹も!

しかし、全員男の子。Σ(゚д゚lll)ガーン
女の子だったら、2~3匹は残したかったのにな~。

通常、出産時は、
「羊膜(仔犬を包んでいる袋)を破って、呼吸ができるようにしなきゃ!」
とバタバタするので動画撮影なんてする余裕がないのですが…。
超安産で、次から次へと出産してくれたので、
4匹目の出産する様子を動画撮影しました。




※ 約1分半の動画です。

力みはじめて直ぐに、お尻の辺りに光る黒い塊が見えるでしょ。
それが羊膜に包まれたままの、産まれたばかりの仔犬です。

最初は余裕をぶっこいて撮影していましたが、
母犬ココアが、なかなか羊膜を破ってくれないので、
「呼吸を確保しなくちゃ!」
と、スマホ片手に慌てて助産婦(私)の手が伸びています。
途中、ブレブレな映像ですがご了承を…(;^_^A

もう少し(最後まで)ご紹介したかったのですが、
この後、胎盤が出て来ますので、グロテスクな内臓の映像は
どうかと思い、途中でカットしています。


20161206 1


元気な4兄弟です!
この2時間後に、なかなか出てこなかった最後の弟が
無事に産まれました!ヽ(^。^)ノ

先日、旅立ってしまったチビ玉ちゃん。
もしかしたら、生まれ変わって来てくれたかな?

どうか、皆、元気に育ってくれますように・・・。




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村


仔犬が旅立つ時(ブリーダーの現実)
今回は、可愛い仔犬の写真は1枚も登場しません。
死を扱った内容ですので、読みたくない方はご退出下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、小さな小さな命としてご紹介したチビ玉ちゃん。

あんなに生命力の強さを感じる子だったのに、
残念ながら、虹の橋を渡って行ってしまいました。

唯一の救いは、私の掌の中で送り出してあげられた事です。
最期は静かに眠るように、旅立って行きました。

「今度は、丈夫な体で生まれ変わって来るんだよ・・・」
と抱きしめて送り出す事が、私にできる精一杯のお別れです。

小さな命が旅立つ時、やはり悲しく辛いのですが、
ブリーダーにとっては日常茶飯事の出来事です。

産まれて来た仔犬が、全て健康に育ってくれる訳ではありません。

難産の為、呼吸困難となり死産する場合もあるし、
無事に4匹生まれても2匹しか育たない事も、
時には全滅してしまう事もあります・・・。

たくさんの命の誕生の瞬間に立ち会い、
スクスク育つ姿に喜びを感じる反面、
多くの死とも対面しなくてはなりません。
これが、ブリーダーの現実です。




このブログを始めた2年前は、
可愛い仔犬たちを紹介するブログにしようと思っていました。

でも、ここ最近、たくさんの愛犬家さん達が訪問し、
コメントを残して下さるようになり・・・。
愛犬家さんがブリーダーに何を求めておられるのか?
私のやり方は正しいのか?
を、考えるキッカケをたくさん頂きました。

可愛い仔犬を紹介するだけでは、単なるペットショップさんと同じですよね?

チビ玉が亡くなってから、暫く悩んだのですが・・・。
私は命を扱うブリーダーなのだから、
命の儚さや尊さも伝えるべきなのだと思い、
今回、チビ玉ちゃんの旅立ちをご紹介することにしました。



愛犬家の皆さん、

今、アナタの傍で寛いでいるワンコたちは、
出産時、仮死状態で生まれて来たかもしれません。
自力ではお乳が飲めずに、ブリーダーが2時間おきに
哺乳して育てたかもしれません。

パテラ持ちの子もいるでしょう。
心臓に疾患がある子もいるかもしれません。
でも、生きたいという強い生命力があったからこそ、
アナタと巡り合い、今、そこに居るのです。

どうか今一度、ワンコ達が生まれてきてくれた事に感謝し、
抱っこしてあげて下さい。

※ 僅か数年で虹の橋を渡ってしまったワンコに
心を痛めておられる愛犬家さん。
そのワンコは元々数年間の寿命だったのです。
でも、その時間をアナタと一緒に過ごしたくって、
必死にお乳を飲んで育ち、アナタと巡り合ったのです。
幸せな時間を過ごせた事を、感謝しているハズです。




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村


新しい家族が仲間入り!
金曜日、マツタケ姉妹たちが巣立って行きましたが・・・。

代わりに、新しい家族が仲間入り!


20161203 1


数か月前から、ホワイトかクリームの男の子が欲しくて
ずっと探していたのですが、なかなか欲しい子が見つからず・・・。
そんな時、この子に出会っちゃっいました~。
毛色は違うけど、ビビッって運命を感じちゃったんだから仕方ない!

名前は健太(ケンタ)か蒼太(ソウタ)にしたかったのですが・・・。
「覚えやすい名前が良いから、寛太(カンタ)!」と母の一声。

それって、従姉妹の息子の名前だし・・・マズくない???
って言ったら、だからすぐに覚えられる名前なの!
だって…。

覚え易さなら、伊麺太(パスタ)は?って提案したら、
無視されました・・。(;^ω^)ダヨネ・・・

寛太くんに決定したチビポメ。
初日から、元気いっぱいです。


20161203 2


でも、こんな姿を見ると、ふっと思い浮かぶのが
巣立っていた仔犬達の事。
マツタケ達も、「ママどこ~?」って寂しがってるかな?
って、切なくなってしまいました。

昨日の晩は、1時間毎に夜泣きされ
あまり寝れなかった私ですが・・・。


20161203 3


朝方には鳴き疲れたのか、この寝顔。カワ(・∀・)イイ!!


寛太には可哀想だけど・・・、
ブリーダーの我が家には1つのルールがあります。
それは1週間隔離。

もし感染病を患っていたら、我が家の仔犬達の命が
危険に晒されますから、完全隔離は絶対なのです。

ちょっとした異変にもすぐに気付けるように、
隔離室は私の寝室に置いたゲージの中。
これで深夜の異変にも気付けるからね~。

寛太を触る度に手の消毒は欠かせませんし、
抱っこした際には、服にも消毒液をシュシュッと!
そうやって完璧にしているのですが・・・。

この寛太君、何やら甘え方が独特で。。。
指でナデナデしてあげようとすると、ゲージの奥に逃げるくせに、
ゲージを覗きこむと、突進してきて私の鼻をペロッと。
お陰で、今日は10数回も鼻に消毒液をシュシュッと・・・。(~_~;)

消毒液は化粧水じゃないんだぞ~!
この調子だと、1週間後にはお肌がボロボロに荒れそう・・・。




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村


12月2日出荷予定のワンコ
今日は忙しかった為、仔犬達とあまり遊んであげる時間がなくて…。
写真も2枚しかありません。
ゴメンなさい。

明日巣立って行くのは・・・。
まずは、ポメラニアン


20161201 2


トロママが育ててくれたマツタケ4姉妹の内の2匹。
10月13日生まれ。
毛量は、今回もばっちりモコモコ!
思わず顔を埋めたくなるくらいフワフワですよ~。

噛み合わせが切端(ややアンダー気味?)ですが、
マズルも詰まってるし、可愛いですよ~。


次に、ヨークシャーテリアのご紹介。


20161201 1


こちらは、真海ママが育ててくれた4姉妹の家の2匹。
10月12日生まれ。

4姉妹な上に、マツタケ姉妹も一緒に、
いつも8匹で遊びながら育ったもんだから、
超・お転婆娘たちです。
反面、独りぼっちになっちゃうと寂しがる
甘えん坊な一面も…。

お耳が立つように矯正していたのですが、
なんせ姉妹&友達が多いから、すぐに取られちゃって…。
明日巣立ちなのに、結局お耳を立たせる事が
できませんでした (ノД`)シクシク


元気なヤンチャ娘に育ったチビちゃんたち。 
さっ、巣立ちだよ。

部屋で一緒に遊んだ時間は、楽しかったね~。
髪を引っ張られ、耳をかじられ、スリッパを持って行かれ…
と、ママは大変でした。
それに、かくれんぼ好きなオマエ達、
「サークルに戻るよ~」って声を掛けても、
いつも2~3匹は行方不明になってたよね。
棚の下に、TVの裏、カーテンの中にかくれんぼしていたから、
鬼役のママは見つけるのが大変でした。

でも、どの瞬間も楽しかったな~。
ママは幸せだったよ。
ありがとう💛

優しいパパ&ママと巡り合って、
もっともっと幸せになってね…。


PRECIOUS BLESS JP



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村



がんばれ! 小さな命
先日ご紹介した、この3兄妹を覚えておられるでしょうか。


20161123 2


ポメの絆ママの子として紹介した、チビたちです。
※ 正式には、心ママの子でした・・・。
   書き間違えた~。(;^_^A

絆ちゃんと心ちゃんは姉妹で、しかも数日違いで
出産してくれたので、ちょっと混乱してました。(←言い訳)


並べると大きく見える2匹ですが、実はチビサイズ。
1番小さい子は、僅か50gしかない子でした。

『パテラが出るかもしれないけれど・・・』と書いたあの記事に、
多くの心温まるコメントを下さり、ありがとうございました。



玉子1つ分の重さしかなかった、この子を、
チビ玉ちゃんと名付けました。

チビ玉ちゃん、毎日数グラムずつですが重くなり、
今は倍ほどの大きさに成長しましたよ~。


20161130 1


このチビ玉兄妹、
実は、大きな試練を乗り越えていました。

母犬の心ちゃんが、乳腺炎を患ってしまったのです。
お乳の1つにバイ菌が入ったらしく・・・。
お乳って栄養の塊だから、一気にバイ菌が増殖し、
化膿してしまったのです。
母犬を治す為には、お薬を飲ませなくてはなりませんが、
それはつまり、仔犬にお乳を飲ませられなくなるという事。

そこで、兄犬2匹は叔母犬である絆ちゃんに、
チビ玉ちゃんは、出産してすぐの木葉ママに
育ててもらう事にしたのです。

中には他人の仔犬は授乳を拒否するママ犬もいるので、
ドキドキしましたが、何とか育ててくれています!

絆ちゃん、木葉ちゃん、ありがと~っ!


でも、やっぱり小さなチビ玉ちゃんは心配で・・・。
1日に何度か、お乳を独占して飲める時間を
作ってあげています。





(15秒ほどの短い動画です)



どう、この飲みっぷり!

私、生きたいの・・・。
大きくなって、優しいパパママと巡り合って、
たくさん遊んで幸せになりたいの・・・。
って、言っているように感じるのは私だけでしょうか?

小さな小さな命だけど、生命力に溢れた姿。

「がんばれ!」って語り掛けてしまいます。





にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村





プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

■ 業者登録番号
三重賀販25-6号

三重県伊賀市
児玉貴恵



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示