fc2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
電話が掛かって来ないのは生きてる証拠?
我が家に残すと決めたパピヨンのキューピーちゃん。


20220114 1


昨夜、容体が急変して…
まだ幼いのに、今日入院する事になりました(/_;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1人っ子で産まれたキューピーは
ママのお乳を独占状態で育ったので
離乳食を全然食べてくれなくてね…

でも、ポメやヨーキ―とは違い
そもそも食欲旺盛なパピヨンだから
母犬と完全離乳させたら食べてくれるだろうと
「いい加減、乳離れしなさい!」
ってママと離したら…
数日後、低血糖を起こして倒れてしまいました💦


20220114 2


慌てて病院へ連れて行ったのですが
いつものS先生はお休みの日。
そんな日は、次に信頼しているM先生を
指名しているのですが…。

M先生はいつも
「入院させて様子を看ましょうか?」と
言って下さいます。

雇われドクターの身なので給料が上がる訳でもない。
入院犬が増えれば先生が帰宅する時間も遅くなり
負担が増えるのに、ただ、私(飼い主)の負担を
軽くしてあげたいって気持ちで仰って下さる心優しい
先生なのですが…。
やはり深夜もずっとついて看て下さる訳ではないしね。


20220114 3


出来れば連れて帰って自分で看病したいと伝えたところ
『早期に連れて来てくれて良かった。
 すぐに処置をしたのでこれで多分大丈夫ですが
 深夜にも3時間おきに糖分補給は欠かさないで
 様子を看て下さい』
と言われ、私はキューピーを連れて帰りました。


M先生が仰ったように、翌朝には驚くほど元気になりました。
「胃腸が荒れているのでしばらくは下痢が続くと思いますが」
と、M先生が仰ったように2日間は悪いウ〇コが出ましたが
3日後には硬いウ〇コも出るようになり…
もう大丈夫…!(^^) !と安心した途端。

また低血糖を起こし倒れました。
しかも夜8時半。
診察時間(~8時)は終わっているし、直ぐに病院に走っても
緊急で診てくれる時間(~9時)には間に合いません。

今回は痙攣を起こし、身体を硬直させる姿に
「もうダメだ…、今日(深夜0時)まで持たないかもしれない」
と母に告げ、最期は私の腕の中で旅立たせてやりたい…と
私は自分の寝室へキューピーを連れて行きました。

糖分補給をしても嘔吐してしまうキューピー。
体温も段々と下がり、脱水症状も酷くなりました。

アカンかも…とは覚悟しつつも、何とか助けたい一心で
皮下点滴で水分を補給すると、目も明けられなかった
キューピーが自力でお座りするまで回復してくれて…

これなら朝まで持つかもしれない!
と期待するも1時間もすればグッタリ…の繰り返し。

最初は私の腕の中で眠らせてやりたいと思っていた私も
段々と、お願いだから朝まで持って…と願うようになり
その想いが通じたのか…

キューピー、朝まで頑張ってくれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本当は、今日はオークションの日だったので
大阪まで行きたかったのですが全てキャンセルし
病院へ直行しました。

通常は1時間以上待たされる病院ですが
今日は平日で雪も降り積もる天候だったので
ガラガラ。

受付で事情を説明し、『血管から点滴を入れて!』と伝えると
「容体を見たいのですぐに連れてきて下さい」と。

でもね、前回、低血糖を起こし連れて行った際、
「容体見たいから…」と言われ連れて入ったのに
M先生ご指名の前客への対応が長引いて待合室で
暫く待たされたんですよね…。

あの時は、まだキューピーの状況も深刻ではなかったけど
寒い待合室で待たせるのは可哀想でね…
タオルも毛布も持っていなかったので、下に敷いていた
トイレシーツを被せて暖を取っていたんです。

今回はより深刻な状況なので待合室で待つのを拒んでいると…

ベテランの受付さんが
「今、M先生が来ましたから、直ぐに連れてきて!」と。
その迫力に圧倒され、慌てて車に戻り
キューピーを連れて来ると…

キューピーを受け取った受付さん、そのまま検査室へ
連れて行ってくれ、
「暫く待合室でお待ちください」って…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


不安でいっぱいの中…
数分後待合室に現れたM先生は、血液検査の結果を見
「今回はちょっと預からして(入院させて)下さいね。
 でも、これなら助かりそうですよ
 夕方には回復する思いますよ」
と笑顔で話しかけてくれました。

もうアカン…って覚悟していたのに。

医者って最悪の状況を予測し
『大丈夫』って言葉は言わないハズなのに
M先生の言葉に「助かるの???」って思った途端
自然と涙が溢れて来ちゃってね。

あの日、入院させずにつれて帰りたいて言ったせいで
キューピーにまた辛い思いをさせてしまった…
と落ち込む私に、M先生は
「そんな事ないよ」
と優しく声を掛けて下さいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「多分、夕方には回復するでしょう」
「元気になったらご連絡しますね」
ってM先生が言って下さったので、安心してキューピーを預けたのですが…

只今深夜2時。
未だに連絡はありません。

血管から点滴してもらったら、もう元気になってるハズなのに…
まだ回復してないんだ…って心配な気持ち半分、
連絡がないって事は、死んでないって事!
と、複雑な心境で病院からの連絡を待っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


キューピー…
ピーチママの子だからヤンチャに育つハズと決めつけ
「大人しい子に育ってね」
って言い続けたママが間違ってたよ。
ゴメンなさい。

ヤンチャでもお転婆でもイイから…

ピーチママの後を引き継ぐ繁殖犬として
我が家に残したけどさっ。
子供を産む産まないなんて関係ないよ。
兎に角、元気な子で育っておくれ…
ママはそれ以上は望まないよ。

どうか、無事に退院してきてくれる事を
ママは待ってるよ…








PRECIOUS BLESS JP
プレシャス ブレス
TIME LIGHT MAN JP
タイム ライト マン



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

◆ 児玉繁殖
三重県伊賀市柘植町
責任者:児玉貴恵

◆ 業者登録番号
三重賀販25-6号
(販売・保管)

◆ 登録年月日
令和25年12月16日




◆ お問合せ先
jero1212@ict.jp



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示