fc2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
仔犬を殺す気か!怒
先日、高知県のブリーダーが捕まったという
ネットニュースを読んだのですが…

驚くべき記事の内容に、プロのブリーダーとして
「( ゚Д゚)ハァ? 仔犬を殺す気か!?」
と怒りが混みあがって来たので
ここに意見を述べる事にしました。


【悪質ブリーダーはどんどん捕まえてくれ】

捕まると言う事は…
そもそも酷い環境で繁殖をしていた悪質ブリーダーで
何度勧告されても改善の余地が見られなかったのかも
しれません。

そういうブリーダーは、我々にとっても敵!
ちゃっちゃと取り締まってくれ!って願います。

ただ、報道記事によると
「産まれた仔犬に麻酔無しで断尾・狼爪切断していた」
と、あたかも大罪であるかのような記事内容に驚きました。

まず最初に言っておきます。
環境省もJKCも、ブリーダーが仔犬の断尾・狼爪切断を
禁止してはいません。



【狼爪を切断する意味】

そもそも狼爪とは、人間で言う親指(?)の位置にある
両腕両足の内側にある指の事で、オオカミ時代だった
ワンコ達は崖を登ったりする際には必要とされた指でした。

しかし、愛玩犬として飼われるようになったワンコ達は
進化(?)というのでしょうか?
狼爪の必要性が無くなりどんどん退化しました。
今では殆どのワンコが、生まれつき後ろ足の狼爪はありません。

前足の狼爪は腕にピッタリと寄り添うように
シッカリと付いている事が多く、走ったり
お耳をカイカイしたり、お顔をナデナデする際にも
怪我にはつながりにくいのでそのまま残しますが…

たまに後ろ足に狼爪が付いた子が生まれます。

その狼爪は退化している為、腕に寄り添った強い指ではなく…
皮一枚で繋がっていて、まるでイボのような
プランプランの指でね~

しかも厄介な事に爪があるので、大人になった際
走ってる最中にお腹の毛に爪が引っ掛かると
指(狼爪)がちぎれたりと大怪我する可能性があります。

その為、我々ブリーダーは、産まれた際
後ろ足に狼爪がある場合は直ぐに切除するのです。


【いつ切るの? 今でしょ!】

断尾する犬種として直ぐに浮かぶのが
シュナウザーとコーギー、そしてプードルやヨーキーでしょう。
我が家にもプードルやヨーキーが居ますので
もちろん断尾します。

そして、後ろ足に狼爪がある場合も切除します。

断尾や狼爪を切除するのは大体生後3~5日目で
それには理由があります。


【へその緒の切断は?】


人間が出産した時、へその緒を切る際って
ママも赤ちゃんも痛いだろうから~と
麻酔ってするの?
(私、出産経験がないので分からないのですが…)

ワンコの場合、へその緒は母犬が噛みちぎる事もあるし
難産の場合は出産最中にちぎれてしまう事もあります。

無事に産まれてきた場合でも、母犬の母性が低く
へその緒を噛み切らなかった場合は
我々飼い主が木綿糸で括り、適切な長さでカットしてあげます。
その際、麻酔なんてしません。
(してる余地などない緊迫した状況だからです)

アナタに質問です。
母親のお腹から出て来た時の記憶、そして
へその緒を切られた時はめっちゃ痛かった~💦
って記憶ありますか???

仔犬だって同じでね。
へその緒が引きちぎられたとしても記憶がある子など
きっと居ないでしょう。
なので出来る事なら、産まれて直ぐに断尾や
狼爪切除もしてあげられたらいいのですが…

産まれたての体力や免疫もない幼い子に
傷(怪我)をさせる事は
細菌の侵入などかなり負荷がかかります。

その為、へその緒を切るのと同じようには
断尾は狼爪切除はできません。

数日間様子を見、この成長具合なら大丈夫と判断した時点
(生後3日~5日目)で処置を施すのは
プロのブリーダーとしての最大限の愛情です。


【麻酔って必要???】


生後3~5日で断尾・狼爪切除するのは
イボ切除ような狼爪切除や、まだ細いしっぽの切断の痛みを
仔犬たちに極力させないためです。

これは、ブリーダー達が
「今が最適!」と経験を積み重ねた上で
見つけた最適な時期なのだと思いますが…。

「麻酔もせずに断尾・狼爪切除するなんて」
と問題視する報道には異論があります!

小型犬の赤ちゃんなら70~100g
そんな赤ちゃんにどうやって麻酔をしろと言うの?
0.01gの誤差でも命を落としかねないのに…


【病院での断尾は?】


麻酔無しに断尾や狼爪切除するブリーダーって
悪魔の所業だと言わんばかりの報道ですが…

私も以前は断尾や狼爪切除の為に病院へ行き
ドクターにやってもらった事がありますが…

麻酔をかけるどころか、ハサミでチョキンと切り落とし
止血の為、高熱のはんだごてでジュッと💦

切られた痛みよりも焼かれた痛みに
ギャ~ンと泣き叫ぶ仔犬の様子に
もう2度と病院には頼らない…と思ったほどでした。


病院のドクターでも麻酔なしで施術するのが
当たり前なのに…
なんでブリーダー断尾&狼爪切除したら
「麻酔もせずに可哀想! 違法だ!」
と捕まるの???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


確かにね、ワンコを金としか考えない
悪徳ブリーダーってめっちゃおる!
アイツらはブリーダーの風上にも置けない奴らだし
一刻も早く排除して欲しいって、我々同業者のブリーダーですら
願っているけどさっ。

ブリーダーを悪だと決め付けた一方的な報道&番組には
「ちょっと待った~」って思っちゃうんだよね。















◆…◆…◆…◆…◆


PRECIOUS BLESS JP
プレシャス ブレス
TIME LIGaHT MAN JP
タイム ライト マン


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

◆ 児玉繁殖
三重県伊賀市柘植町
責任者:児玉貴恵

◆ 業者登録番号
三重賀販25-6号
(販売・保管)

◆ 登録年月日
令和25年12月16日




◆ お問合せ先
jero1212@ict.jp



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示