FC2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
先住犬が仔犬を受け入れる瞬間
2匹目を迎えたいけど、先住犬との相性を考えると…
とお悩みの方も多いのでは?

そんな方々にご紹介したい、写真と動画が届きましたので
今日はご紹介です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

在住犬を愛するがあまり、2匹目を迎える際、
ショップやブリーダーさんで相性チェックを望まれる方も
いらっしゃるとは思うのですが…。

そもそも我が家では、ワクチン未接種の仔犬との
接触はお断りしています。

というか…。
『ほらっ、可愛い子でしょ~。どう?』
って、ママが溺愛する姿を見たワンコは、
ママの愛情を仔犬に奪われる…と察知するので、
早々受け入れる事なんて出来ません。


20170916 6


20170924 2


ミルちゃん、ココちゃんもそうでした。

そもそも、ココちゃんはミルの実の娘だし、
すんなりと家族の一員となったけど、フラは他所から来た子。

お出掛け中に他所のワンコを抱っこしただけでも、
その匂いを嗅ぎ分けるくらい嫉妬心の強かったココちゃんが
フラを受け入れる事はありませんでした…。

がっ…!


20171129 5


今日届いた写真、メッチャ仲良く並んでるじゃないの~。

確か以前届いた写真では、「なかなか距離が縮まらない」と
微妙な関係の写真が届いてたのに…。


20171129 6


おぉ~っ!
メッチャ仲良くなってる~💛


20171129 7


この関係を築くには、飼い主さんが見逃してはならない
シーンがありました。

先ずはこれっ!




飼い主さんが
『幼いフラを、児童虐待しているようで…』
と心配して送られて来た動画でしたが、
これこそ、決定的チャンス!

所謂、上下関係を決めるマウンティング行動です。
それまで拒否していたココちゃんが、フラをやっと家族だとして受け入れ、
『この家族の一番下っ端なんだぞ~』
って教えている行動です。

心配する飼い主さんに、『怒らないでそっと見守ってあげてね』と
助言しました。

ワンコはそもそも縦社会の生き物です。
まだ幼い仔犬はヤンチャはするものの、心が柔軟なので
先住犬の教えは従順に受け入れます。





それ以来、ココ姉ちゃんとフラとの関係はグッと近付き、
超仲良し姉妹になりました~。
動画の中に、パパ&ママがビックリしてる声も入っているけど…。
私から言うならば、パパ&ママさんが上手に躾けたね~って褒めたいくらい。

ワンコ同士の相性なんて、合って無いようなもの。
全てはボスである飼い主さん次第なのです!

仔犬って可愛いから、どうしても構ってしまうけど…。

在住犬が一番で、アナタ(仔犬)は2番手なのよ…と
上下関係を壊さぬように接してあげれば、どの家庭だって
ワンコ同士は上手く行きます!
例え、先住犬がチワワで、後輩犬がラブだったとしても、
飼い主さんがボスとしてシッカリと上下関係を構築すれば
問題は起こりません!


フラも妹として受け入れられた今。

ミル&ココの負担になるのではないかと、仔犬を飼うのを
反対していたパパさんも…。


20171129 8


ソファーに寝転ぶだけで3姉妹が甘えて来て、
至福の時を味わっているそうです~。


食費も医療費も2倍になるので、多頭飼いを無理強いは
しませんが…。
1匹よりも2~3匹居ると、幸せな時間は2~5倍になりますよ~。




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/11/30 20:16] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/11/30 22:36] | # [ 編集 ]

Re: 鍵コメNさんへ
まぁ~!(@ ̄□ ̄@;)!!
わざわざ返信コメ、ありがとうございます。

トリマーもね、何を付けたら可愛くなるか?
って、あれこれ悩んでるんですよ~。
ポメちゃんの場合、やっぱり主流はバンダナなのかな?
キティちゃんのように、お耳の前にリボンを付けても、
「取るのが面倒だから要らない」
って言われると、ガッカリしたりして…。

Nさんのように、何を付けても喜んで下さる
お客様は嬉しいです💛
しかも、2年前にもらったハロウィンネックレスを
今でも活用して下さってるなんて~。
私なら飛び跳ねて喜びます!!

最近、我が家ではマフラーを付けてあげています。
取り外しが簡単だし、お散歩の時には
喜んでもらえるかなぁ~?って思って。。。

Nさんのようなお客様なら、
「次は何を付けてあげようかな~」
って選び甲斐もあるんだろうな~。
[2017/12/02 02:20] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

Re: 鍵コメRさんへ
あったか距離か。。。
素敵な表現ですね~(#^^#)

フラちゃん、姉妹の一員として認められ
あったか距離になれて、本当に良かった💛

木のお部屋にポカポカ暖炉、気付きました~?
憧れるでしょ~。
これ、実はご主人が自分でリフォームされたんです!
お邪魔する度に長居したくなっちゃう
素敵なお家なんですよ~。
[2017/12/02 02:28] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/12/02 14:06] | # [ 編集 ]

Re: 鍵コメMさんへ
思い出すのも辛いだろうに、その経験談を長文コメして頂き、
ありがとうございました。
しかも、わざわざ非公開コメにするという気遣い、感謝します。

確かに、15歳の老犬の元に新たな仔犬を迎えるのは
キビしいでしょうね~。
でも、2匹目を迎えるのに年齢制限ってのは
私はちょっと違う意見かな~。

以前、あるお客様から
「2匹目を迎えるのは在住犬が2歳になってからにしろ」
とトレーナーさんにアドバイスされたと聞きました。

獣医さん、トレーナーさん、
それぞれの意見があると思うのですが…。

2歳以降なら大丈夫!とか、
3~4歳までなら…と年齢制限を設けるのは
私は違う気がするんですよね~。

例えば、今回ご紹介したフラちゃん。
在住犬は10歳と9歳です!
でも、フラを受け入れて仲良し3姉妹になってくれました。

また、以前巣立って行ったマーブル君なんですけど、
在住犬は確か2~4歳の間だったと思います。
が、マーブルを迎えた後、てんかんを発症したとか…。
でも飼い主さんの飼い方の気配りと対処のお蔭で
今では段々距離も近付けるようになりました。

そうそう、我が家には「保育園&老人ホーム」って広場が
あるんですよ~。
飼育頭数が多い我が家では、広場を仕切り、
気の合うワンコ同士で管理しているのですが、
1歳未満のヤンチャ盛りな仔犬を、成犬の広場に放つと
イジメられちゃう可能性が高いのでね~。
だからまずは、犬社会のルールを教えてもらう為、
10歳以上の温厚な老犬が過ごす広場で仔犬も過ごすのです。

爺ちゃん犬、婆ちゃん犬も
「日向ぼっこしてのんびり昼寝したいのに~」
って思っているかもしれませんが…(;^_^A
尻尾を引っ張ったり、ちょっかいを出す仔犬に
怪我をさせない程度に『コラッ!』って怒って
犬社会のルール(上下関係)を教えてくれています。

「まだまだ若い者には負けていられん…」
って感じで、時には一緒に走り回ったりしてね~。(*^^*)

獣医さんやトレーナーさんは、一般論としての意見だと
思うのですが…。
今まで何百頭ものワンコを飼ってきた私の意見としては、
「飼い方次第!」「年齢差など関係ない!」かな。

それと、シェルティーちゃんの時の事、
大きな十字架なんて背負わないで!!
仔犬と肺がんは関係ありませんよ~。
ただ、発病と仔犬を迎えたのが重なっただけですから。

年齢に関係なく、在住犬は2匹目が迎えられた時、
飼い主の愛情を奪われたり、ノンビリする時間がなくなるので、
多かれ少なかれストレスを感じます。
でも、同時にワンコ同士で遊べる楽しみも見出します。

2匹目を迎えたストレスで先住犬が癌になるのなら、
世の中には、多頭飼いの飼い主さんなんて居ないハズでしょ?
ねっ。(^_-)-☆

それに、シェルティーちゃんが亡くなった原因はシーズーちゃん…
って、今もMさんに思われていると知ったら、
シーズーちゃんも可哀想じゃないかしら?

皆、縁があってMさんの家族になったワンコ達です。

今頃は、虹の橋のたもとで再会した
シェルティーちゃんとシーズーちゃん。
「優しいママだったよね~」
「お散歩コースの公園に咲く桜、綺麗だったよね~」
って、思い出話をして仲良く遊んでいるハズですよ~。
[2017/12/04 03:21] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
たこさん、温かい返信コメントありがとうございました。
シェルティーが亡くなったのは、シーズーのせいだとは、思っていません。
私の選択がいけなかったと思います。
私が.天国にいったら、まず、先にシェルティーにごめんねと、謝って、シェルティーと、シーズーに、囲まれて、暮らしたいと、思っています。
ありがとうございました。
[2017/12/04 09:04] URL | モミーの #- [ 編集 ]

Re: モミーママさんへ
私ごときが、偉そうに意見を書いちゃって
ゴメンなさいね~。(;^_^A

それに、モミーママさんの選択も間違ってなかったと思いますので、
絶対に自分を責めたりしないで…。ねっ。

人それぞれ意見は違うように、
ワンコもそれぞれ性格も体質も違います。
これから巡り合うワンちゃんは、その性格を見極め
どの考え方が一番合うかを検討してみて下さい。
[2017/12/07 01:32] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

■ 業者登録番号
三重賀販25-6号

三重県伊賀市
児玉貴恵



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示