FC2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
痛々しい保護犬
先日、ご近所の愛犬家さんから
「保護犬を家族に迎えたんだけど、シャンプーしてもらえないかな?」
と連絡がありました。

数年前までパピヨンの春ちゃんを飼われていたこのご家族。
「ほんわか」という表現がピッタリのお母様と娘さんでね~。

アラフィフ以上の方なら分かるでしょうか?
欽ドンで一世風靡した「わらべ」のたまえちゃんのような
雰囲気の母娘さんなんです。
そんな親子に育てられてたからね~。
愛犬の春ちゃんも、飼い主さんソックリのほんわかした性格でした。

春ちゃんが虹の橋を渡ってしまって以来の連絡でしたので、
驚いたと同時に、今度は保護犬を迎えただなんて、
やっぱり心優しい母娘さんだな~って感じました。



で、今日。
我が家に訪れたチワワのチコちゃん。


20181204 1


皆さん、違和感を感じませんか?
あげている右手、何だか変だと思いませんか?

地面につけると…


20181204 2


異常な角度に曲がってるでしょ?

こっちの写真の方が分かり易いかな?


20181204 3


90度真横に曲がってるだけではなく、
手首ではない場所から曲がってる!!


この悲惨な状況をみて、あらゆる想像を巡らせました。

最初に脳裏を過ったのは、悪徳ブリーダーによる
酷い管理の上に繁殖犬として使い回し、
高齢となったから遺棄したのか? と。

でも、小型なチワワなのに帝王切開の手術痕はなく、
それどころか、お乳の状態をみても子育て形跡した様子はない。

つまり、この子は一般家庭に嫁いだ子です。

でもこんな悲惨な右手になるくらい放置されていたって事は
ネグレクト!

チコちゃんの心もかなり荒んでいたのでしょうね…。
飼い主さん曰く、保護犬になってからも何度もトライアル
(里親候補さんの元に試しで嫁ぐ)も、
「やっぱりこの子は飼えない」
と、何度も返された経緯があったそうで…。

見るに見かねて、お家に引き取ったそうです。


しかし、チコちゃんが心を開いてくれるまで
相当の時間が掛かったとの事。


『保護犬を迎えたのでシャンプーして欲しい』との依頼だったので
数日前に迎えた子かと思いきや…。
チコちゃんを迎えたのは昨年の2月だとか…。

外部にトリミングを依頼する状況になるまで、2年弱掛かったようです。


20181204 4


変形した右前足だけではなく、心に追った傷の方が大きかったのかもね。

でも、そんな辛い過去があるチコちゃんだけど、
最後の最後に優しいママと娘さんがいるご家庭に巡り合えて良かったね~。
こんなに優しいママさんだもの。
もう、2度と怒られる事もないし、ちょっと下痢しただけでも病院に連れて行ってもらえるよ。


チコちゃんの過去を想像すると心が痛みますが、
そんな辛い犬生を過ごしたからこそ、この優しいママさんと巡り合えたのかな?
とも思います。

チコちゃん、
もう心配しなくていいよ。
もう2度と怒られる事も、ゲージに閉じ込められる事もないからね。





にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/12/05 16:23] | # [ 編集 ]

Re: 鍵コメ i さんへ
酷いでしょ…。
骨折しても放置された結果がこれです。
心が痛みますよね…。

嘔吐した! 下痢した!
ってだけであたふたして『どうしよう?』って私を頼り、
ご連絡下さる飼い主さんが居る一方、
世の中には骨折してようが放置されるワンコも居るんですよね…。

我が家から巣立ったワンコも、同じ犬生を送っていたら…
と想像するだけで、心が締め付けら苦しくなります。

だからこそ、ショップ経由ではなく直販したいんですよね。

チコちゃんは優しいママと巡り合えた事で
残りの犬生を幸せに過ごす事が出来ますが…。
世の中には悲惨な生涯のまま終えるワンコも居ます。

どうすれば、悲惨なワンコを減らす事が出来るのでしょうね…。

営利目的の悪徳ブリーダーを排除する事も大切ですが、
ネットに掲載されている写真1枚で
簡単に購入しちゃう愛犬家さんの意識改革も必要だと
私は思っています。

ワンコはヌイグルミやオモチャではないのですからね。
[2018/12/06 02:56] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]


チコちゃんのお話しショックです。
どんな事情があったか しりませんが
酷い状態で飼われていたんですよね。
ワンコにも 心があります 感情もあります。
身体の苦痛だけでなく
どんな気持ちで 過ごしていたのか
想像するだけで 胸が締め付けられます。
今は 優しい家族に迎えられ 安心して過ごして
いるのですね。
良かったですね。
みんな幸せになってほしいです。
[2018/12/07 00:52] URL | さくさくりん #- [ 編集 ]


チコちゃんの前足、見てるだけでも痛々しいですね...
辛い思いした分、優しいご家族の迎えられて
残りの人(犬)生、思いっきり幸せに過ごしてほしいです...
ピンクのリボン、似合っていますね(^-^)
[2018/12/07 02:41] URL | よしこ #- [ 編集 ]

Re: さくさくりんさんへ
心優しいさくさくりんさんを辛い思いにさせちゃって
ゴメンなさい。
チコちゃん、今は蚊も殺せないような優しいママさんと
巡り合えて幸せに過ごしているから安心して下さいね。

ただ可愛い仔犬を紹介するだけのブリーダーのブログではなく、
私は命を扱うブリーダーとして、ワンコの死も公表するし、
悲惨な過去を持つワンコだって紹介して、命の大切さを
皆さんに伝えるブログにしようと思っています。

さくさくりんさんのような愛犬家さんにとっては
読むのも辛い記事かもしれませんが、今後も
時々、このような記事もアップするつもりです。

心がギュッと締め付けられるくらい悲しい気持ちを感じたら、
『オマエにはこんな辛い思いはさせないからね…』
と、皆さんが愛犬をギュッと抱きしめてくれたら…
と願っています。
[2018/12/07 03:11] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

Re: よしこさんへ
チコちゃん、涙が出るほど痛々しいでしょ~。
こんな虐待を受けた子なのに、爪を切ろうがシャンプーしようが、
暴れる事も怒りもしないんですよ~

何度トライアルしても「この子は飼えない」と返されてたって事は、
元々はかなり狂暴なワンコだったんだと思うのですが、
今の家族に巡り会い、溢れんばかりの愛情に包まれ、
徐々に心を開いて大人しくなったのだと思います。

でもね、まだ甘えるって感情がないんです。

もう怒られない、虐待されない環境だって事は理解し
安心しているのでしょうが、人間に心を許すって最後の壁は
まだ乗り越えられていないのかもしれませんね。

でも、このママさんの元ならその壁を乗り越える日も
いつか訪れると思っています。
[2018/12/07 03:25] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

■ 業者登録番号
三重賀販25-6号

三重県伊賀市
児玉貴恵



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示