FC2ブログ
たこちゃん家のワンコ  ~Breeding House 児玉繁殖~
・・・ ポメラニアン パピヨン ヨークシャーテリア の可愛らしさを伝えたい! ・・・ 三重県伊賀市のブリーダー
誰でも分かる!動物愛護法改正問題
今年は連日コロナのニュースばかり。
最近は、安倍首相の辞任問題や台風関連のニュースも
取り上げられていますが…
その陰では、国民(愛犬家さん)が気付かぬ内に
「動物愛護法」がシレ~ッと改正されようとしています。


難しい法改正のお話ですが、可愛いワンコの写真も交え
できるだけ簡単な言葉で説明しようと思いますので
是非、最後までご家族全員で読み
何が本当に正しいのかを話し合って下さる事を願います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 動物愛護法改正ってなに?


狭いゲージに閉じめ、毛玉だらけになっても酷い環境で
仔犬を産ませ続けるパピーミルという人達がいます。
そんな可哀想なワンコ&ニャンコを救おうと

・従業員1人につき飼育できる頭数は15匹まで
 (10匹まで?)
・出産は6歳まで(3歳まで?)
・出産は6回まで(3~4回まで?)
・帝王切開は一生涯に付き1回まで
・散歩は1日3時間以上
・飼育ゲージの広さは体長の〇倍

と、法改正すれば助けられる!と訴えているのが
今回の動物愛護法改正です。


◆ ブリーダーとパピーミルとは違う!


20200907 1


糞尿だらけの不潔なゲージに閉じ込め
皮膚病を患う程の毛玉だらけになっていようが
トリミングをすることもなく、仔犬を産ませるだけの為に
ワンコを飼育しているのがパピーミル。

ブリーダーとは、ワンコが大好きで1匹2匹では物足りず
たくさんのワンコに囲まれて生活する内
ワンコが居る生活がいかに幸せな事か…を
1人でも多くの方に知ってもらいたいと、
この仕事が天職だと選んだ人達の事です。

一旦陣痛が始まれば深夜であろうが付き切りで徹夜し
お乳をあまり飲んでくれない子が居れば
寝る間も惜しんで2時間おきに哺乳。

そうやって愛情たっぷりかけて育てた子が無事に成長し
優しいパパママさんと巡り合い幸せになってくれる事に
この仕事の喜びを感じています。

究極の犬バカとも言えるのが、ブリーダーです。


20200907 2


しかし今、
「可愛そうなワンコ達を救わなくちゃ!」
と法改正に賛同し、応援されている心優しい愛犬家さん達は
パピーミルとブリーダーを混同されておられる方が
多いように感じます。


20200904 12


犬猫という命をを販売する事によって生活しているという意味では
ブリーダーもパピーミルも同じだと言われるかもしれませんが…

小さな命が産まれる喜びを感じると同じ数だけ
大好きなワンコが亡くなる辛さと向き合わなければならなのが
この仕事です。

なんでこんな辛く悲しい仕事が天職だと信じ
選んでしまったのか…って何度も後悔しました。

それでも…
ワンコへの想いを熱く語って下さるお客様と巡り合い


20200907 4


仔犬が見せるこの笑顔を見ると、
この仕事をしていて良かったと感じます。

日々、ご飯が食べられるのはこの子達のお陰と感謝し
愛情を持って最期まで面倒を看る、それがブリーダーだと
思っています。


商売重視で犬猫に愛情の欠片もない
パピーミルという存在を誰よりも憎んでいるのは…
法改正を望んでいる愛護団体さん達以上に
私たちブリーダーです。



◆ 帝王切開は生涯1回!?


頭が大きなフレブルやパグ、ペキ、小ぶりなチワワなど
帝王切開じゃないと無事に産まれない犬種はどうしろと?
生涯で1回しか出産させちゃいけないの???

なら、近い将来日本からこの犬種は居なくなってしまうでしょう。

それに、普段は自然分娩が出来る犬種だって、
妊娠する頭数によって胎児の成長は違います。
3匹ならば順調に出産できる子も、
1匹しか妊娠していなければ胎児も大きくなる為
通常分娩では詰まって死産してしまう事もあります。

その場合、仔犬だけではなく母犬だって命の危機に。

過去に1度、帝王切開した経歴があるから…と
2度目の帝王切開はしてはいけないって法案になると
目の前で難産で苦しんでいる母犬と胎児を
見殺しにすることになります。
それこそ動物虐待になるのではありませんか?


20200907 6



◆ 獣医師は医者であって助産師ではない!

法改正においては、犬猫に詳しい専門家の意見として
一部の獣医師さんの意見を重要視されているようですが…

獣医師は通常分娩では生まれない仔犬を帝王切開で取り出す
処置をしてくれるだけで、何時間も通常分娩に立ち会い
仔犬を取り上げてくれることなどありません。

レントゲンに写る仔犬の骨格を見て
「これだけハッキリ写ってたら十分な大きさ…かな?」
「心臓は動いていますよ」
とエコーでチェックするくらいです。

母体の陣痛感覚や息遣いを何時間も見て
『自然分娩しましょう!』とか『もう母体も限界ですので切りましょう』
なんて判断する医師は居ません。

仔犬を取り出しても生きていけるまで育っているかどうか
母体がこれ以上は耐えられないかどうか…
それを見極められるのは、ブリーダーとしての長年の経験です。


20200907 13


帝王切開は1回まで!なんて法改正は
救える命も救えなくなってしまいます。

ワンコは大量生産される機械ではありません。
これは生き物を相手にした仕事ですので
数字では対応できない、1匹1匹の体調に応じた臨機応変な
対応が求められるのです。


◆ 年々厳しくなる愛護法改正は何のため?


一昔前までは、一般家庭で生まれたワンコでも
ペットショップに買い取ってもらい売買出来た時代もありました。

しかし、柴犬サイズのチワワが横行したり、
なんちゃってプードルが現れた為、
犬種のスタンダードが崩壊すると危惧した愛犬家さんたちは
真っ当な犬猫を繁殖するブリーダーを職業として登録制にし
犬猫の種を守ろうとしたのではないのでしょうか?

私たちブリーダーは、この仕事に誇りを持っているからこそ
年々厳しくなる法令に従い対応してきました。


20200907 6


MIX犬でも何でも産め産めバンバン!というパピーミルとは違います!

より可愛い血統を次の仔犬に受け継ごうと
健康で可愛い子だけを残し、愛犬家さん達が望むワンコを作ろうと
私たちブリーダーは頑張っているのです。



◆ お散歩の義務化


1日3時間以上のお散歩の義務化!?
それは大型犬や活動的な中型犬に必要な運動量であって…


20200907 3


小型犬にとっては、逆に虐待です!

それに、田舎の我が地域では電柱や草むらに
あちこちウンチが落ちたままになっています。
愛犬のウンチすら回収しない飼い主さんですので
年に1度のワクチン接種をしているのかどうか?
とても疑問に感じます。

もしそのウンチにパルボやジステンバーのような
怖い感染症のウイルスが付いていたら…

ワクチン接種しているからといって安全ではありません。
そもそもワクチンとは、感染しても軽症で抑えられるって
程度のものなのですから。

お散歩する成犬は入院程度の軽症で済んだとしても
一旦我が家に持ち込まれたパルボ菌は仔犬に感染し
次々に命を落としてしまう事になるのです。
そんな危険に晒すような事、私にはできません。

だから敷地内に十分に走り回れる広場を作り
我が子達をのびのびと遊ばせているのです。


◆ ワンコを飼う審査


可哀想な環境で苦しんでいるワンコ達を救おう!
それが愛護法改正の目的ではありませんか?

酷い環境なのはパピーミルだけではありません。
今年6月には、愛護団体さんからも神と呼ばれていた女性が
実は酷い飼育管理をし、死体が山積みになっていた…
という事件もありました。
一番の問題は、一般の愛犬家さんによる多頭飼育崩壊。

このような問題を解決する為には
パピーミルとブリーダーは別者だという事を
まずはご理解ください。

ブリーダーはそもそも究極の犬バカですから
大切に育てた我が子を、誰かれ構わず売ったりしません。

来訪して下さったお客様と1時間もお話すれば
どんな方かは分かります。
「これが以前飼ってた子なんですけど…」
とスマホに残った愛犬の写真を何枚も見せ
溢れる涙を拭いながら思い出話を語って下さったり、
初めてワンコを飼おうと思っているお客様に至っては
不安に思っている事への質問が次々と投げかけられます。

家族全員がワンコを愛し、家族の一員として向かい入れてくれ
ワンコが虹の橋を渡るその日まで幸せに暮らせると
判断したお客様にしか、大切な仔犬をお渡ししません!

流行りなのか、茶色のプードルの女の子が欲しいんですけど~
ってお問合せを頂いても…


20200907 15


インドア派かアウトドア派か?
月1度のトリミング代を出してくれる家族かどうか?
等、事細かく見極めます。

お望みの犬種がそのご家庭に合っていないと
判断した場合は、ご家族に合った犬種をお勧めするし
そもそもそのご家庭にワンコが嫁いだら不孝になると
判断した場合は、販売拒否もしています。

それがブリーダーです。

しかし、今回の法改正はそんなブリーダーをも
苦しめる内容です。


20200907 14


出産は6歳までで、引退犬は愛犬家に里親に出せと。
(中には3才引退を求めておられる方もいらっしゃいます)

なぜ、6年も一緒に暮らした家族を私から取り上げるような
法改正をされるのでしょうか?
究極の犬バカである私たちブリーダーに、商売を続けたかったら
パピーミルのように非道になれと仰るのでしょうか?


飼育できるのは1人当たり15匹まで。
(10匹までにしろ!と求められている方もいらっしゃいます)
しかし、その数的基準はあまりにも現状を知らなさすぎます。
1週間、いや3日間でいいからブリーダーの元で体験してみて下さい。

以前、両親が入院した際、
毎日病院へ様子を見に行きながら、1人で70匹のワンコの
お世話をするのは本当に大変でした。
確かに、こんな時は手伝ってくれる従業員さんが1人居てくれたら…
と感じました。
が、4人もの従業員さんは必要ありません。

忙しいのは朝夕各1~2時間、犬舎のお掃除やご飯タイムだけです。
それ以外は、まだ幼い仔犬と戯れて遊んだり
広場で遊ぶワンコ達がケンカをしないかのんびり眺めているくらい。

爪切り等のトリミング時間も必要だと言われますが
1日2匹カットしているので、月1回のペースでトリミングしています。
(これは一般家庭のワンコと同じペースです)

1日8時間の正規社員を3人も雇ったら、やる事なくなって
昼寝だって出来ちゃいます。
なのに、15匹に付き平均年収441万円の従業員を雇えと???


20200907 7


私の家族でもある愛犬たちを全て終生飼育をしようと思ったら
年間1323万円もの給料を支払わなくてはならず、
それが出来ないのなら、パピーミルのようにワンコを使い捨てにしろと!?

この法改正は、そんな未来にしようとしています。


20200907 5


この法改正を望んでおられる方のSNSを見ていると
9割以上がパピーミルで、真っ当なブリーダーは3~5%だと
仰っていますが、どれだけのブリーダーの現状を調査された
結果でしょうか?
その資料を提示して下さい!
出来ないですよね?
だって調べてないんですもの。

少なくとも我が家には調査に来られてないし、
私の周りのブリーダーさんの元にも調査に来られた方なんて
1人もいらっしゃいませんから。


20200907 9


酷い環境で飼育されていたボロボロのワンコの
写真を見て心を痛められた愛犬家さん達へ。

酷すぎる…、早く助けなきゃ!
そう思った気持ちは私も同じです。
あまりにも可哀想すぎます。

愛護法の改正は一刻の猶予もありません。
ただ、現状の視察もせずに一方的な感情だけで
改正してしまうと、本来幸せに過ごすはずだった
ワンコ達までが行き先を失い不幸になってしまいます。

15匹規制になれば行政に没収されてしまう我が家のワンコ達、
その後の行き先はどうなるのでしょう?
年老いて認知症になっている子、白内障で目が見えなくなった子
そんな我が家の子を愛情持って引き取って下さる里親さんを
ちゃんと見つけて下さるのでしょうか?

極一部のパピーミルで飼われていたワンコの
酷い写真1枚を見ただけで、全てを理解したと思わないで下さい。


ネット社会が発達した今、あらゆる情報が検索できますよね。
心優しい愛犬家さん達に対し、感情論だけで賛同を募ろうと
している記事だけではなく、もう少し視野を広めて検索してみて下さい。

彼らが訴えている海外の資料は、一部のみを抜粋して
あたかも日本が動物愛護後進国だと印象づけているのが
分かると思います。


20200907 10


何日にも亘って書き上げたこの長文記事を
最後まで読んで下さった事、ありがとうございます。
犬を愛するアナタの心に少しでも響けば…と願います。


最後に…
あるブリーダーさんが呟いた言葉を記載します。


動機が正義で正しくても、
結果が地獄ならそれは正義ではなくて悪になる。



今この瞬間も苦しんでいる可愛そうなワンコ達を救うべく
愛護法は正しく改正されるべきです。
アナタもそう望んで下さる事を願います…







PRECIOUS BLESS JP
プレシャス ブレス
TIME LIGHT MAN JP
タイム ライト マン


#動物愛護法改正
#数値規制
#ブリーダー
#反対

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

一愛犬家からの質問です。
パピーミルとブリーダーを混同しているつもりはありません。
たこちゃんがどれほど犬を愛し、大切にこの仕事をしてこられているかは、ブログを通してわかっているつもりです。
しかし、たこちゃんが1人で70頭の世話が出来るからといって、世の中すべてのブリーダーさんもそうとは限りませんよね。
1人で何十頭もの世話って普通に考えて大変なことですから。
だから、ある程度は飼育数に制限をかけるのも仕方ないかなとは思います。
たこちゃんは、今の法改正の数値に納得できないとの事ですが、では具体的にどのくらいの数値(飼育頭数、出産年齢、出産回数)なら妥当と思われますか?
優良ブリーダーさんを守り、悪徳業者だけを排除できる法案て、どんなのでしょうか?
パピーミルと呼ばれるような繁殖をしている人だって、自分のことを"パピーミルです!"とは名乗りませんよね。
ろくに世話もせず、儲けのためだけに産ませ続ける輩も、表向きは"ブリーダー"です。
だから飼う側も良く考えなきゃいけませんね。
個人的には、素性の分からない(親犬を見せてもらえない)子は買えない、というシステムにでもなれば良いのにと思います。
あと、これも個人的な意見ですが、繁殖犬を早目に引退させて、若いうちに一般家庭に譲るというのも一つの手かと思いますよ。
もちろんよいご縁があればですし、簡単な事ではないでしょうが、一般家庭でペットとして幸せに第2の犬生を暮らせるなら、決して手放すことが悪ではないかと。
[2020/09/10 16:26] URL | けいこ #- [ 編集 ]

難しいですね
法律てのは、どうしても数字だけになってしまう事なのかもしれませんね。
それで良き悪きを決めつけるのもおかしいですが、どういう法律になれば
悪だけを排除できるのでしょうかね・・・
愛情って数字化にできないし、見えるものでもないから、難しいですよね。
偏ったメディアの報道はおかしいと思うし、まぁ、言うてる事は分からんでも無いけど・・・みたいな部分もあるし
ただの犬好き、猫好きでいる私らには、よく分からんことが多いです。
ただ、たこちゃんがブリーダーを続けれられたら良いのにな、と願うだけです。
[2020/09/10 17:14] URL | うさぎ #- [ 編集 ]

Re: けいこさんへ
率直なご意見ありがとうございます。
きっと多くの愛犬家さんがけいこさんと同じような意見を持って
おられると思うので、私も真剣に答えさせて頂きますね。

但し、これは私の個人的意見です。
片田舎の小規模ブリーダーの私ですので
ブリーダーの代表でもなければ、ペット業界を代表して
発言している訳ではないって事はご理解下さいね。


1)具体的にどのくらいの数値(飼育頭数、出産年齢、出産回数)なら妥当と思われますか?

妥当!? そんなものありません!
そもそも数値で規制しようとする事に私は疑問を感じています。
例え1人5匹と規制されたところで、パピーミルの飼い方は変わりません。
だって犬猫に愛情を持っていないのですから、掃除もしていないゲージに
閉じ込めっぱなしで繁殖を繰り返すでしょう。

もし今回の法案が通ったら、この先どうなると思いますか?
流通する犬猫の数が減ってしまうので、需要と供給のバランスが崩れ
値段が高騰するのは明らかです。
例え1人で繁殖できる数が規制されようが、1匹200~300万で
売買されるようになれば、パピーミルは根絶しませんもの。

記事にも書きましたが、両親が入院した時、
毎日病院へ通いながら70匹のお世話をするのは大変でした。
朝夕2時間ずつ手伝って下さるパートさんが居たら
どんなに楽なんだろう…ってね。
つまり、我が家の場合は70匹に付き私+パートさん1名が
妥当なラインなんだろうと実感した訳です。

しかし、それはブリーダーそれぞれで…

母子家庭で頑張っているブリーダーさんは
幼い子供が突然熱出してしまう事もあるから
8時間勤務してくれる従業員さんが欲しいと
望む方もいるでしょう。

逆に、親子3人のブリーダーでも
まだ小学生の子供も犬好きで朝からお世話を手伝ってくれるから
例え家族の1人が風邪ひいて寝込もうが100匹のお世話だって
ヘッチャラってご家庭もあるでしょう。

一概に頭数規制をするのはナンセンスだと思っています。


あと、出産年齢と出産回数ですが…
これもワンコによって個体差があるので、何歳までならOKとか
何回までならOKなんて数値規制は無意味だと思っています。

だって、この子なら元気な子を安産で産んでくれるだろう…
って思って残したワンコ。
でもいざ出産となったら、陣痛微弱で36時間の超難産って事も
時々あります。
そんな子に2度目の出産をさせようなんて、私は思いません。

でも、6歳まで6回とかって数値規制をしてしまえば
パピーミルは法に背いてないから…と出産させてしまいます。


少し話はぶっ飛びますが…
例えば、夫婦だけの2人家族でも子宝に恵まれず
ワンコを我が子のように育てて下さる方もいらっしゃいますよね。
子だくさんで賑やかな家庭を求めておられたのか
5匹程の多頭飼いをされているご家庭もあります。
愛情たっぷりに育てておられるのなら、それは微笑ましい家族です。

しかし、どんな大家族でも「ワンコが欲しい」と飼ってみたけれど
仔犬の内は皆で可愛がってたのに、成犬になるにつれ愛情は薄れ
遂にはサークルに入れっぱなしで、触れ合うのは餌やりの時だけ。
そんなご家庭だってありますよね。

人数ではないんです。
ワンコに対する愛情なんですよ!!!



2)優良ブリーダーさんを守り、悪徳業者だけを排除できる法案て、どんなのでしょうか?


この問題については、私たちも本当に頭を悩ませています。
ペット業界全体として話し合えば、利害関係もあり
反対する人も出て来ますからね。
なので今、パピーミルと混同されたくないブリーダー達が結束し
彼らを排除する団体を作ろうと活動しています。


3)素性の分からない(親犬を見せてもらえない)子は買えない、というシステムにでもなれば良いのにと思います。

というよりも、親犬すら見せてもらえないなら買わない!
って愛犬家さん達の意識を変えてもらえると、
私たちブリーダーにとっても追い風になるのですが…

最近ではショップで買う事に抵抗を感じ
ブリーダー直売のサイトを利用する方も多いと聞いています。
でも私はブリーダー直売のサイトには登録していません。
(詳しい内情はお話できませんが、私のブリーダーとしての
 プライドなのです)
ブリーダー直売で見に行ったにも関わらず、親犬すら見せてくれない
なら買わない!
そう愛犬家さん達の意識が変われば、パピーミルから買う人は減り
彼らも廃業に追い込まれるきっかけになるんですけどね~。

勿論、我が家も犬舎や広場への入室はお断りしています。
だって、どこを歩いてきたか分からないお客様の靴底に
どんなウイルスが付着しているか分かりませんからね。

リビングへの入室時ですら、全身除菌スプレーを吹きかけさせて
頂いているくらいですもの。

でも、ガラス越しではあるけれど親犬が広場で走り回っている
様子は見学してもらっています。

それすら出来ないブリーダーはどうなんでしょう?
私からすればパピーミルと言いたくなります。


4)繁殖犬を早目に引退させて、若いうちに一般家庭に譲るというのも一つの手かと思いますよ。

けいこさんが言われている事はよ~く分かります。
幸せな家庭に嫁げるのなら、第二の人生(犬生)もありなのかも…って。
でもね、けいこさん。
今日食べる物もない…って経済的に困窮している訳でもない場合
6歳まで育てた我が子をアナタは里親に出せますか?

裕福な家庭に里親に出せば、私立の医学部の大学に進学するのも
夢ではない。
でも、私だって公立の高校卒業までなら頑張れるし…ってお母さんが
我が子を手放せますか???

それと同じ気持ちなんです。
裕福な家庭に嫁ぎ愛情を100%注いでもらったら
幸せになれるかもしれない…って分かってはいるんだけど
それ以上に私はこの子に愛情を注いでいるって自信があるから
手放せないんです。

そして何よりも、高齢犬の介護や死を看取る事から逃げたくないの。
死別する辛さを実感しているからこそ
生まれて来てくれた仔犬に、生命の尊さと重さを感じるのです。

命を売買するブリーダーこそ、死という現実から逃げてはいけないと
私は思っています。
[2020/09/11 03:29] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

Re: うさぎさんへ
うさぎさんが仰る通りで…
愛情って数値化できないし、生き物相手である
この商売を規制するのは本当に難しい問題です。

ただ、現状も視察していない愛護団体派のメンバーが集まり
机上の空論で数値化で規制すれば改善するであろうという
安易な法改正には、私は全面的に反対します。

こんな法改正がまかり通ったら、本当に大変な事になるよ。

だって、彼らは犬猫売買するショップはブリーダーなんて
この世から無くなればいいって思っている人達だからね。

数年後には純血種はほぼ居なくなり、愛犬家さんが飼えるのは
保護犬のみ。
しかも、去勢避妊手術済みの子達ばかりだから、15~20年後には
日本から犬猫は居なくなるでしょう。

不孝な犬猫が救われるならこの日本から犬猫が消えてもいい
って思っている人はこの法改正に賛同して下さったらいいけどさっ。

今飼っている愛犬が亡くなった時、また次の子を迎えたいと
思っている方は、どうかこの法改正問題を直視してもらいたいと思っています。

2~3年後、デカポメを200~300万で買いますか?
10年後、欲しい犬種が日本では手に入らないから…と
海外から輸入しますか?

この法改正がされれば、そんな未来が待っているんですよ。
[2020/09/11 03:49] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]

根絶は難しい
知らん間に法律がどんどん改正されて、一般庶民はよく分からんまま事が進んでいきます。
この動物愛護法だけに限らず。。。
そして、規制すればするほど、闇で売買が起こりうることも・・・・
そして、法律をどう変えようとも、悪徳なブリーダーや業者は無くならないし、気軽な気持ちで飼う人も消えません。だって、我が子すら虐待する人間がいるんですもの。。。。
話は変るけど、あと、保護犬とか保護猫を飼ってる人が寄付を募ってるのも解せんのだなぁ。。。。
自分が出来る範囲で保護するのは大賛成なんです。尊敬もします。助けてあげたい気持ちもあります。
が、我が子に金かける以上の余裕は、やっぱ無いわけで。。。。
我がペットの病気を治すのに募金つのってたのもあったなぁ。。。何か違う気がするんだが。。。。

犬でも猫でもペットでも命あるものだという尊い気持ちを誰もがもってくれる世の中になってほしいですね。

ブリーダーもペットショップも、愛犬家も愛猫家も皆がhappyになる結末になるように
何をすれば良いのか・・・
自分で出来ることは本当に少しのことだけど、愛犬家になるように嵌めたのが2人。笑
愛犬家だったけど、怪我させたりするから二度と飼わないように言いくるめたのが1人。笑

たこちゃんは、愛犬家に嵌めてく人だよねー 笑笑

そもそも、ブリーダーとかショップとかの前に、飼う人がまともじゃないとあかんと思うのよねー。
[2020/09/11 10:22] URL | うさぎ #- [ 編集 ]

Re: うさぎさんへ
◆ 規制すればするほど、闇で売買が起こりうることも・・・

そやねん!
うさぎさんが言う通り!!

ブリーダーが廃業に追い込まれた後の未来って
ちょっと想像を働かせたら分かる事なんですよね。

思いの丈を思いっきり書きたいけど、
コメント欄で書く内容じゃないわ。
皆が読んでくれる記事としてアップする内容だと思うので
次回の記事として書く事にします。


◆ 保護犬とか保護猫を飼ってる人が寄付を募ってるのも解せんのだなぁ。。。。


(。´・ω・)ん? それって
「捨てられてた仔猫を5匹保護しました。
 でも避妊手術費や餌代が掛かるので私に寄付して~」
って事???

こういう奴こそ胡散臭い!
他人に金を出させて、自分はちゃっかり5匹もの
猫ちゃんとの生活を満喫できる訳ですからね~。

全ての愛護団体が…とは言わないよ。
でも、一部(?)の愛護団体さんの間では
入院や介護施設に入居を余儀なくされたご老人から
ペットを託される時に、
「この子はまだ5歳。
 あと10年は生きますから餌代やワクチン代等を
 考えると〇〇万円は掛かるんですよね~」
と、もっともらしい説明をして寄付金をつのり、
でも里親が決まったら決まったで
「避妊手術やワクチン代で5万円くらい掛かってるんですよね~」
と、里親さんからも寄付金をせしめる2重取り!

販売ではなく寄付金だから…
納税の義務もないのかな?

でも、寄付金を渡した愛犬家さん達は
このグレーな寄付金の使い道(収支報告)を
もっと明らかにするべきだ!
って声をあげるべきだと思っています。



◆ 犬でも猫でもペットでも命あるものだという尊い気持ちを誰もがもってくれる世の中になってほしいですね。


そう願っているのは
心優しき愛犬家さんと犬バカブリーダーだけでしょうね。

法案が通ったって抜け道はいくらでもあるって
思っているパピーミルだけでなく
この法改正をしようとしている愛護団体や議員さんには
裏の臭いがプンプンしますもの。


◆ そもそも、ブリーダーとかショップとかの前に、飼う人がまともじゃないとあかんと思うのよねー。

その通りです。
犬を躾けるのは飼い主さんですが、その飼い主さんを躾けるのは
ブリーダーの役目です。

普通サイズの柴犬を豆柴だと偽ったり、
普通サイズのプードルをティーカップだと偽って売るから
お客様は想像と違ってた…ってガッカリして
ワンコに対する愛情を失ったり、
また、ブリーダーやショップがアフターフォローを
シッカリしてないと、素人のお客様が間違った躾け方をして
狂暴犬に化したワンコになり、
もう飼えない…って捨てたりするんですよね。

我が家の仔犬を迎えて下さったお客様、巣立って1ヶ月以内に
10人中10人が「めっちゃヤンチャなんですけど…」って
仰られます(;^_^A
でも、「狂暴で手に負えない」って言われた事は
1度もないんですよね。

『甘噛みが酷くなってきた?だったら○○って躾けてね』
『無駄吠えするの?そんな場合は○○って躾けて』
と、その都度ちゃんと対応すればワンコが暴走する事はありません。

まぁ、成犬になってもヤンチャなのは変わりないようですが
「愛されるイタズラ坊主」として飼い主さんが受け入れて下さり
手が掛かる子ほど可愛い…と愛して下さるようになります。

殺処分ゼロを目指す!と掲げ愛護法改正をしようとしている
議員さんや愛護団体さんに言いたい!
本当に日本を愛護大国にしたいと望んでいるのか?ってね。
[2020/09/12 04:42] URL | siemたこちゃん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

siemたこちゃん

Author:siemたこちゃん
緑あふれる里山で家族経営の
小規模ブリーダーをしています。
大空の下、広場でノビノビと駆け回り
ストレスのない環境でブリーディング
しているのが、我が家の自慢です。
アットホームな環境で育つ仔犬達の
成長記録をご紹介しています。

■ 業者登録番号
三重賀販25-6号

三重県伊賀市
児玉貴恵



カテゴリ



最新記事



最新コメント



カウンター since 2015 Nov



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示